2005年11月07日

11/11 「わーすカフェ」でスリランカ活動報告を行います

 CODE海外災害援助市民センターは11月11日(金)に「スマトラ沖地震・津波」で被災したスリランカでの活動報告会を行います。是非、お誘い合わせの上ご参加下さい。尚、ご希望があれば、可能な限り直接みなさまのところに出かけてご報告申し上げますので、ご遠慮なく事務局まで申しつけて下さい。

================================================================
●わーすカフェのお知らせです●
================================================================
*******************************************************
** わーすカフェは…                **
**   お茶を飲みながら「しごと」を語るカフェです 。**
*******************************************************

第7回 災害救援の現場から語る
     スマトラ沖地震・パキスタン北東部地震

******************************************************************
** 被災者の声を聞きつつ迅速な対応が求められる災害救援活動。  **
** 阪神・淡路大震災での経験を踏まえて、現地に赴き住民に寄り添 **
** いながら活動するCODEのスタッフがゲストです。        **
** スマトラ、パキスタンと大きな地震が続いていますが、この現状 **
** 報告を中心に今後の支援について考えます。          **
******************************************************************

【日 時】2005年11月11日 金曜日 18:30〜20:30
     ※後半19:30〜は交流会となります

【場 所】みみずく舎 1階カフェスペース
     ※今回は「みみずく舎」のカフェスペースを使った
      わーすカフェです。
     ※「わーす」と同じフロアにあります。

【ゲスト】飯塚明子さん(CODE海外災害救助市民センター)

【参加費】500円(お茶とお菓子付き)

【定 員】20名(先着順)

【お問い合わせ、申し込み】
     「生きがいしごとサポートセンター神戸西わーす」まで
      Tel:078-367-4470  E-mail:worth@social-b.net

スマトラ島沖地震津波救援募金にご協力下さい
 郵便振替:00930−0−330579 加入者名:CODE
 *通信欄に「スマトラ沖地震津波支援」と明記してください。
募金全体の15%を上限として事務局運営・管理費に充てさせていただきます
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
CODE海外災害援助市民センター
posted by code at 11:51| 報告会・セミナー情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月02日

スリランカ幼稚園再建プロジェクト報告

スリランカ地図
 CODEはスリランカの津波被災地で、幼稚園再建支援に取り組んでいます。幼稚園再建支援の現地のパートナーであるTilakさんが、先日、スリランカ北部に位置するジャフナの幼稚園予定地を見学し、詳細なレポートを送ってきてくれましたので、その一部をここに紹介します。

 「地域的な障害のために我が国は危険な状態にあると、ジャフナ訪問の際に気が付いた。和平なくしては次世代の未来はない。スリランカ政府とLTTE(タミル民族解放の虎)の両者は未だ戦争の意識を維持しているが、私たちのような民間人にとって戦争はもうこりごりである。私たちはこれまで十分苦しんできた。私たち民間人は、障害に打ち勝つ人間と人間の関係(people-to-people relationship)を構築し、相互理解を深めることができると信じている。
ジャフナに再建する幼稚園は、子ども、女性、そして労働者にとって、外の世界を見る窓である。私とあなたにとっては、戦争がいかに人々に影響を与えたかを知るドアである。現在段階では、幼稚園建設は容易なことではないが、ジャフナを訪問したことは私にとって最初の第一歩となり、これから幼稚園再建を実現していきます。」

 5ページにわたる詳細なTilakさんのレポートから、民間人として平和を望む想いが伝わってきます。CODEの幼稚園再建支援は20名〜30名ほどの小規模な幼稚園の再建ですが、1軒の幼稚園から広がる子どもたちの将来への可能性、スリランカの和平への道すじは、幼稚園1軒の価値よりもはるかに深く広大な意味があると確信し感動しました。

 ジャフナ(スリランカ北部に位置)は、LTTE(タミル民族解放の虎)が20年間軍事支配してきたタミル人地域です。ジャフナの海岸沿いの人々は、紛争と津波の二重の苦しみを味わいました。そこに南部出身のシンハラ人であるTilakさんが、津波で被災した幼稚園を再建するために20年ぶりにジャフナに入ったことは、北部のタミル人から大きな歓迎を受けました。Tilakさんにとっても、幼稚園再建に込める思い、さらに和平構築への願いを一層強くしました。Tilakさんのような民間レベルでの助け合いや交流が、スリランカの民族的、宗教的、地域的な隔たりを緩和し、復興に導いていくものであると信じています。最後に、Tilakさんからのレポートの最後の段落を紹介します。

 「ジャフナへの訪問は私の人生で大きな経験になった。私は20年ぶりにジャフナを訪れた。もし私たちが北部の人々と平和な環境を築きたいなら、今回の私のような経験ができるよう、私たちは北部の人々が南部に来ること、南部の人々が北部に行くことを促したいと思う。12月に再度Jaffnaを訪れ、社会活動家やLTTEの政治的リーダーと会って、民間人の理念や思想を話し合いたいと思う。」

スマトラ島沖地震津波救援募金にご協力下さい
 郵便振替:00930−0−330579 加入者名:CODE
 *通信欄に「スマトラ沖地震津波支援」と明記してください。
募金全体の15%を上限として事務局運営・管理費に充てさせていただきます
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
CODE海外災害援助市民センター
posted by code at 16:14| スリランカ支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。